借金完済後の過払い金請求について



京都で評判のおすすめ法律事務所


京都で評判の債務整理や過払い金請求におすすめ法律事務所ランキング

借金完済後の過払い金請求について

お金を借りたら責任を持って必ず返すと責任感のある人にならば、貸金業者はなんの心配もなく、喜んでお金を貸す事でしょう!しかしながら、真面目に返していたのが裏目に出て本来ならば、支払わなくても良い利息の分まで支払っていたなんて事も多いようです。いざ、利息を調べて計算をしてみると高い金利で支払いをしていたケースが結構多くあるようです。過払い金請求は借金が残っている場合(残債有)、すでに払い切っている場合(関西済)のどちらも可能です。
しかしながら一つ注意しなければいけない事があります。それは完済してから10年で過払い金請求出来る権利が失効されてしまうからです。中々法律関係の事なので、自分ではわからないと放置する傾向にあるかもしれませんが、過払い金請求はしておかないと非常に勿体無いと言いますか、お金を返してもらう権利を失くしてしまう事になります。よくありがちなのは以前の書類関係を紛失してしまって、もういいやと諦めてしまうパターンです。もう借金は払い終わったし、借金の事なんてあんまり思い出したくない気持ちは非常に分かります。しかし、ちょっと待って下さい!過去にお金を借りていた会社が分かれば取引履歴を開示してもらえます。 ですから、会社名さえ分かれば、関係書類がなくても過払い金請求が出来るのです。
そして5、6年前にお金を借りていた記憶があるのであれば、弁護士や司法書士へ相談してみると良いでしょう!期限が切れているかもしれませんので、なるべく早めの相談をオススメします。そして、過払い金はクレジットカードのショッピングでは発生しません。過払い金は利息制限法を超える金利でお金を借りていた場合に発生するお金の事です。過払い金の重要なポイントとして完済後10年以内が期限です。過去にキャッシングを利用している人なら限度額の範囲内で借りたり返済したりをしていたはずです。その為に今の金利が18%以内でも利息制限法の定める上限以上で借りていたケースも考えられます。
今では多くの弁護士事務所や司法書士事務所で、過払い金が発生する消費者金融会社を公開しています。きっと皆さんもご存知の消費者金融業者が多く公開されているはずです。2007年よりも前にお金を借りていて完済した方ならば、過払い金が発生しています。返還請求出来る権利が間違いなくあるという事です。また、過払い金請求が原因で倒産してしまっている会社も多くあるようです。過払い金は請求先の会社が倒産してしまっていると、受け取れなくなりますので、なるべく早めの請求をしておきましょう!

当サイトおすすめの法律事務所・法務事務所

アヴァンス法務事務所

はたの法務事務所
樋口総合法律事務所